乗馬女子の騎乗位はエロすぎて発射不可能!3・4話のネタバレに感想はココ


<<乗馬女子の騎乗位はエロすぎて発射不可能をスマホで読む>>

3話 ミナギがスマタで絶頂を…

あんっだめそこさわっちゃ

じんじんするんだからというがミナギお前すげえ気持ちよさそうな顔しているな

モジマはするとミナギのパンツを脱いでマンコ舐めたらどうなるのかなぁ?

はぁな舐めるってなに

うわああヌルヌルしてあそこといい

モジマは舐めてしまうふぁうわといい中を舐めて指を入れてかき混ぜる。

やだこれなにスゴ気持ちいいぃ~

あんなんのあこれあんた調子に乗りすぎよモジマ

というがビクンビクンと指をいれたり舐めると体が反応している

はぁあはぁぁあうぅという

どうだイッタのかというがイってなんかないもんと強がるミナギ

俺のも気持ち良くしたらもっといいことしてあげるぞといい

モジマは脱いで寝てミナギにスマタでアソコをこするといいといってミナギもイレナイでよといいちんぽをこすりつけている。

あっちょっだめぇ

わたしもう

あんあっイクぅぅ~

といってはぁはぁして2回目の絶頂を迎えたミナギ

よしもう大丈夫だろとモジマはミナギにお前が可愛いからおれは我慢できんと挿入しようとする。

かぱっと股を開いている

それを見ている人物もいるが…


⇒無料試し読みはこちら!

4話 「はやく…ナカぁ…」素股でヌルヌル挿入おねだり

イレちゃうぞといいドキドキしているミナギ

イレようとするがじらしてもう少し愛撫しようかなといっている。

それでクリをコリコリ触りながらぬりゅぬりゅとマンコを触る

あんなんで外ばかりさわるのはやくナカにチンポ頂戴とおねだりするミナギがかわいい~

キスしてイレようとするがその時にのぞいていた人物ががたっと物音を立てる

誰だといい

外を見るが誰もいないがアコの鞭を見つける

誰かいたのかとミナギはいうが嫌誰もいない風だよといい

セックスしようとするがミナギは興奮剤がキレたのかいつもの乱暴なミナギに戻っている。

なんであんたと言いながら死ね死ね死ねといい誰があんたなんかとするかといい乙女の裸みてなにしているのという。

興奮剤が切れていたようだ。

なぁアコ知らないかという。

アコはさっきシャワー室へ行ったわよなんか具合悪いとそうたいしたわよとほかの部員から聞いている。

アコも馬興奮剤が効いていて体が火照っている。

アコは自分のカラダがおかしいのにきづく、ちくびをつまんであんあんとあそこまで手を伸ばす。

どうしたんだ私の体はというその時

シャワー室をノックする音が…


⇒漫画をスマホで試し読み無料はこちら

5・6話へつづく>>乗馬女子の騎乗位はエロすぎて発射不可能!5・6話を読んでみた感想のまとめ

「ユウキHBの人気エロ漫画はちょっぴりユーモアたっぷりな乗馬女子の騎乗位はエロすぎて発射不可避の無料で試し読みできまーす。」

セクシー作品のオススメ人気ランキング

 殿堂入りセクシー漫画

デキちゃうけど中でもいいよね

ランキング1位

女の子が落ちた先は

ランキング2位

ビッチが田舎にやってきた都会ギャルが生ハメエッチ

ランキング3位

コメントを残す